キャリアップを目指す方へ、面接方法 レジュメ 業務経歴書 履歴書の書き方など、
コラム形式で転職情報をアドバイスします

会社理念 サービス 専門分野 コンサルタント 転職相談 皆様の声 転職アドバイス アクセス
転職
アドバイス
[コラム]
時系列INDEX
目的別INDEX
ホーム個人情報保護についてご利用にあたってお問い合わせ用語集サイトマップ
転職アドバイス
第3話 キャリアコンサルタントと言う仕事
皆さんはキャリアコンサルタントに何を求めていますか?
ただ単にオポチュニティを紹介してくれるエージェント機能ですか?
自分自身を客観的に評価したいからですか?
それとも転職にまつわるありとあらゆる相談事を真剣に相談したいと思っていますか?

単純そうで奥の深い質問です。

今までお会いした多くのキャディデイトを見ていますと、ご自身が「将来こんなことをやりたい」、だから「こういうキャリアを今後作っていきたい」といった明確なキャリアメイクの考え方を持った人はごく少数でした。第2話で書きましたようにご自身の棚卸をしていた方もまた稀です。従って、大多数のキャンディデイトは自分自身のことについて分析が不十分で、将来の方向性も漠然としていて、また、コンサルタントに対して何を期待していいのか明確でない状態で会っているのではないかと想像します。そこで、たまたま出された案件になんとなく乗ってしまい失敗した経験のある人も多いはずです。これはほとんどギャンブルだと思います。例えれば、何の計画も立案しないで、また海やヨットの基礎知識も持たない状態で小型ヨットを操作して太平洋に船出するようなものです。

何のために転職するのか?例えば年収をあげたいのか?自分のやりたい仕事を見つけたいのか?ポジションや権限にあこがれているのか?少なくとも自分自身の心の中でのプライオリティを決めておく必要があります。

私はキャンディデイトに対して数多くの基本的な質問、例えば「あなたは何をしたいのですか?」「あなたの夢は何ですか?」「5年後、10年後どのようなポジションでどんな仕事をやっていたいですか?」と言った自分自身の将来の方向性や目標についての質問をします。そうすることで、キャンディデイトが本当にやりたいことを明確化するお手伝いをしています。キャンディデイトの考えている事、その要望等を正しく理解しないでキャンディデイトを成功に導くことはほとんど不可能であるからです。

また、どのようにキャリアを作っていくかといったキャリアメイクの考え方や転職の心構えや心の持ち方等に対しても自分自身の経験に照らして、また数千人以上の人生を見てきた立場からアドバイスをしています。このような地道な活動こそが本来のキャリアコンサルタントのあるべき姿であると確信し、日々挑戦しています。

今後、転職初心者である日本社会のビジネスマンにとって益々広がる転職のオポチュニティで納得できる転職を勝ち取るためには、上記の事をよく考えていただければと思います。私はキャリアコンサルタントと言うこの仕事に邁進し、この仕事を通して微力ながら皆様に引いては社会に貢献できることを大変嬉しく思っています。
ファウンダー&パートナー 竹氏 彰
転職アドバイスTOP
このサイトを友人に紹介する>>
Copyright (c)2003-2011 Aidwiz All right reserved.
HOME